調剤薬局のM&Aとは

   

調剤薬局の合併と買収、いわゆるM&Aは、ここ数年大変活発化しています。調剤薬局とは、病院などの医療機関が発行した処方箋に基づいて、資格を持つ薬剤師が医薬品を調剤して販売するところです。病院の隣やすぐ近くに調剤薬局が建っていて、病院の帰りに立ち寄れるようになっているところが多いです。病院の処方箋を持っていくと、すぐ薬を作ってくれたり、待合室で雑誌を読めるようになっていて、くつろげるようになっているところもあります。子供が退屈しないようにキッズスペースが充実している場合もあります。
2014年以降、調剤薬局の数は減少しており、M&Aを実施した店舗は増加しています。

双方のメリットを考える

M&Aを実施した場合、譲渡した側も、譲受される側もどちらにとってもメリットがある状態が理想です。それぞれの調剤薬局が抱える問題や改善する点は異なります。また、譲渡を決意したオーナーや株主、創業者といった人達が創業者利潤を求めることもあり、それら利潤を確保しつつ、上手に譲渡する必要があります。
会社の仕組みの部分も大切でありますが、実際に働いている人のことも考えなければいけません。従業員雇用の条件についてですが、薬剤師は簡単に見つかるものではではありません。特に管理薬剤師は、募集してから実際に雇用できるまで一定の時間がかかります。薬剤師の人員確保は調剤薬局にとって、特に大切な部分なので人材にかかわる部分も、丁寧にフォローしていく必要があります。

譲渡先の選定方法

調剤薬局のオーナーにとっては、せっかく今まで築き上げてきた信頼や実績を、確かな企業に引き継いでほしいと願うものです。一方、譲受先の企業もまた、ベストなタイミングを狙って、市場の拡大や新規開拓を行いたいと願っています。双方の利益が一致し、うまく譲渡できるのが、良いM&Aとなることでしょう。
譲渡先の選定ですが、オーナーが今まで取引してきた企業、知り合いの中から選定していく、という方法があります。M&Aの専門会社に依頼して、仲介してもらう方法もあります。専門会社の中にも様々な分野があり、特に医療業界を専門としたM&A仲介の会社があります。
医療に関係する法律や規定は多岐に及びます。診療報酬や介護報酬といった患者から受け取る金額はきちんと決まっているうえ、定期的に改定されています。また今後の政治動向に応じてさらに変更される内容も多く存在します。これらの改定を熟考したうえで、先々まで利益が見込めるように考える必要があります。

調剤薬局M&A成約件数累計150件以上。 累計成約150件以上の実績と実力。 調剤薬局M&A累計成約実績150件以上! 調剤薬局年間M&A成約件数45件以上で日本No.1! 全国9拠点から専門家を派遣し、ご相談を承ります。 業界特化の専門知識と完全成果報酬制の安心今すぐM&Aをお考えではなくてもご相談ください。 調剤薬局成約実績多数 !M&AならCBパートナーズへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

M&Aを調剤薬局で実施するうえで確認すること

調剤薬局の経営は、医療機関、特に施設や病院と密接に結びついているため、医者との緊密な関係がどうしても必要です。処方箋を出すのは医師で、その処方箋をもとに、きちんと調剤するのが薬剤師の仕事です。どんな仕...

調剤薬局のM&Aを行うメリット

企業を経営する目的は利益追求です。調剤薬局も適正な利益を確保しながら、企業価値を高めていかなければなりません。同時に、企業で働く従業員の生活やオーナー自身の生活を豊かにし、地域社会に貢献する姿が理想で...

M&Aを調剤薬局が検討する理由

1980年代以降、病院で処方箋を出し調剤していた薬を、医薬分業する動きが広がりました。処方箋は医師、調剤は薬剤師が担当するという動きです。それで全国的に多くの調剤薬局が創業されました。そのころの店舗の...

調剤薬局のM&Aでまず考えること

調剤薬局の経営を譲渡しようと思う場合、M&Aの検討を行う経営者が増えています。様々な理由がありますが、これからの薬局業界の動向や経営の方向性を考える上で、経営は難しくなっていく可能性が高いです...