shutterstock_704036482

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

M&Aを調剤薬局で実施するうえで確認すること

調剤薬局の経営は、医療機関、特に施設や病院と密接に結びついているため、医者との緊密な関係がどうしても必要です。処方箋を出すのは医師で、その処方箋をもとに、きちんと調剤するのが薬剤師の仕事です。どんな仕...

調剤薬局のM&Aを行うメリット

企業を経営する目的は利益追求です。調剤薬局も適正な利益を確保しながら、企業価値を高めていかなければなりません。同時に、企業で働く従業員の生活やオーナー自身の生活を豊かにし、地域社会に貢献する姿が理想で...

M&Aを調剤薬局が検討する理由

1980年代以降、病院で処方箋を出し調剤していた薬を、医薬分業する動きが広がりました。処方箋は医師、調剤は薬剤師が担当するという動きです。それで全国的に多くの調剤薬局が創業されました。そのころの店舗の...

調剤薬局のM&Aでまず考えること

調剤薬局の経営を譲渡しようと思う場合、M&Aの検討を行う経営者が増えています。様々な理由がありますが、これからの薬局業界の動向や経営の方向性を考える上で、経営は難しくなっていく可能性が高いです...